一日千秋

用語の解説

四字熟語一日千秋
読み方いちじつせんしゅう(いちにちせんしゅう)
意味相手のことを思慮する情・気持ちが非常に強いことのたとえ。また、ある物事や人が来るのが待ち遠しく、早く来てほしいと願う情・気持ちが非常に強いこと。一日がまるで千年かのように長く思われる意味から。「千秋」は千年の意味。もと「一日三秋」から出た語。
英語表現each moment seeming like an eternity (spending) many a weary day (waiting) impatiently
出典「詩経(しきょう)」王風(おうふう)・采葛(さいかつ)
別表記一日千秋(いちにちせんしゅう)
類義語一日三秋(いちじつさんしゅう)
一刻千秋(いっこくせんしゅう)