一日三秋/いちじつさんしゅう

四字熟語 一日三秋
読み方 いちじつさんしゅう(いちにちさんしゅう)
意味 相手を思慕する情が強いことのたとえ。また、ある物事や人が早く来てほしいと願う情が深いこと。一日会わなかっただけでも、三年も会わなかったような気がする意味から。「三秋」は三度の秋を経ることから、三年の意味。一説に三カ月、また、九カ月とする。
英語表現 each moment seeming like an eternity (spending) many a weary day (waiting) impatiently
出典 「詩経(しきょう)」王風(おうふう)・采葛(さいかつ)「一日見ざれば三秋のごとし」
別表記 一日三秋(いちにちさんしゅう)
類義語 一日千秋(いちじつせんしゅう)
一刻千秋(いっこくせんしゅう)
三秋之思(さんしゅうのおもい)

使い方/例文

  • マナさんに会えないのは一日三秋の思いです。