雲翻雨覆

用語の解説

四字熟語 雲翻雨覆
読み方 うんぽんうふく
意味 世の人情のうつろいやすいことのたとえ。「雲翻」は「手を翻(ひるがえ)せば雲と作(な)る」の略で、手のひらを上に向けると雲になる意味。「雨覆」は「手を覆(くつがえ)せば雨」の略で、手のひらを下に向けると雨になる意味。手のひらを上下にかえすほど短い期間で、めまぐるしく変わる軽薄な世情をたとえたもの。「覆雨翻雲(ふくうほんうん)」「翻雲覆雨(ほんうんふくう)」ともいう。
英語表現
出典 杜甫(とほ)「貧交行(ひんこうこう)」「手を翻(ひるがえ)せば雲と作り手を覆せば雨。紛紛たる軽薄、何ぞ数うるを須(もち)いん(手のひらを上に向けると雲になり、手のひらを下に向けると雨になる多くの軽薄な人をどうして数え上げる必要があろうか)」
別表記 雲飜雨覆(うんぽんうふく)
類義語 覆雨翻雲(ふくうほんうん)
翻雲覆雨(ほんうんふくう)