開物成務

用語の解説

四字熟語 開物成務
読み方 かいぶつせいむ
意味 人々の知識を開発して、世の中の事業を成就させること。もと、卜筮(ぼくぜい)(うらない)によって、人が吉凶を知り、それによって事業を成就させるという易(えき)の目的を述べた語。万物の道理に通暁し、事業を成功させる意味。「開物」は万物を開き発展させるという意味。「成務」は事業や職務を成し遂げる意味。略して「開成」ともいう。「物(もの)を開(ひら)き務(つと)めを成(な)す」と訓読する。
英語表現
出典 「易経(えききょう)」繋辞上(けいじじょう)「夫(そ)れ易(えき)は物を開き務めを成し、天下の道を冒(おお)う」