遺簪墜屨/いしんついく

四字熟語 遺簪墜屨
読み方 いしんついく
意味 日常ですでに使い慣れているもののたとえ。また、それを愛惜する情のたとえ。なくしたかんざしと落としたくつの意味から。「遺」はうしなうこと。「簪」はかんざし。「堕」は落とすこと。「屨」はくつ。
由来 孔子が、薪を刈っている最中に、かんざしをなくして泣いている婦人に出会った故事と、楚の昭王が、呉(ご)との戦いの最中にくつを落として、これを惜しんだ故事から。
出典 「韓詩外伝(かんしがいでん)」九「新書(しんじょ)」論城(ゆじょう)
類義語 依依不舎(いいふしゃ)
遺簪墜履 (いしんついり)
遺簪弊履 (いしんへいり)