轅門二竜

用語の解説

四字熟語 轅門二竜
読み方 えんもんにりょう
意味 唐(とう)との人、鳥承玼(うしょうし)と鳥承恩(うしょうおん)のこと。二人は同じ一族の同輩で、ともに船上ですぐれた功績を挙げたことから、このように呼ばれた。「轅門」は陣門、「轅」は車のながえ。戦陣などで車で囲いを作り、二両の車のながえを向かい合わせて門としたことからいう。「竜」はここでは、すぐれた人物の意味。「えんもんにりゅう」とも読む。
英語表現
出典 「新唐書(しんとうじょ)」鳥承玼伝(うしょうしでん)
別表記 轅門二竜(えんもんにりゅう)