衣食礼節/いしょくれいせつ

四字熟語 衣食礼節
読み方 いしょくれいせつ
意味 生活の基盤が整えば、民は自然に礼節をわきまえるようになるということ。「衣食」は生活に最低限必要なもの。「礼節」は礼儀と節度の意味。礼節を守らせるためには、まず生活を安定させることが必要であることを説いている。一般には「衣食足りて礼節を知る」として用いる。
英語表現
出典 「管子(かんし)」牧民(ぼくみん)「倉廩(そうりん)実つれば則ち礼節を知り、衣食足れば則ち栄辱を知る」