羽翮飛肉/うかくひにく

四字熟語 羽翮飛肉
読み方 うかくひにく
意味 小さな力でも数多く集まれば、大きな力になることのたとえ。鳥の羽は一つひとつは軽く微力であるが、それが集まれば重い鳥のからだを飛ばすことができる意味から。「翮」は羽の軸、羽の根本のことで、転じて羽の意味。「飛肉」は鳥の体を飛ばす意味。「羽翮(うかく)、肉(にく)を飛(と)ばす」と訓読する。
英語表現
出典 「漢書(かんじょ)」景十三王(けいじゅうさんおう)・中山端王劉勝伝(ちゅうざんせいおうりゅうしょうでん)
類義語 群軽折軸(ぐんけいせつじく)
積羽沈舟(せきうちんしゅう)
積水成淵(せきすいせいえん)
積土成山(せきどせいざん)
叢軽折軸(そうけいせつじく)