禹湯文武/うとうぶんぶ

四字熟語 禹湯文武
読み方 うとうぶんぶ
意味 古代中国の聖天子として尊ばれた四人の王のこと。夏(か)の禹(う)王、殷(いん)の湯王(とうおう)、周の文王と武王。「禹」は、夏王朝の始祖とされる伝説上の聖王。「湯」は、夏の暴君桀王(けつおう)を討ち、殷王朝を創始した王。「文」は、太公望(たいこうぼう)などの賢士を集め、周王朝の基礎を築いた王。「武」は文王の子供で、殷の暴君紂王(ちゅうおう)を討ち、周王朝を創始した王。
英語表現
出典 「管子(かんし)」枢言(すうげん)