按図索驥/あんずさくき

四字熟語 按図索驥
読み方 あんずさくき
意味 実際には役立たない考えややり方のたとえ。また、決まったやり方にこだわって、融通の利かないことのたとえ。馬に関しての絵や書物の知識だけで、優れた馬を見つけようとする意味から。「按」は細かく研究すること。「策」はもとめること。「驥」は一日に千里走る名馬。「按図索駿(あんずさくしゅん)」ともいう。「図(ず)を按(あん)じて驥(き)を索(もと)む」と訓読する。「案図索驥」とも書く。
類義語 按図求駿(あんずきゅうしゅん)、机上空論(きじょうくうろん)、空理空論(くうりくうろん)、紙上談兵(しじょうだんぺい)
出典 「漢書(かんじょ)」梅福伝(ばいふくでん)

使い方/例文

例文

  • 彼の億万長者になりたいという夢は按図索驥だと言わざるを得ない。
  • 自分の未来を自由に想像するのは良いが按図索驥にならないようにすべきだ。
  • 彼女の話を聞いていると理想ばかりで行動が伴っていないため按図索驥だなと感じた。
  • 彼はイベントに有名歌手を呼べば地域が活性化するという案を出したが、現実化できなさそうで按図索驥な案であった。
  • 按図索驥なことばかり言っている人よりも今できる事をコツコツやっている人の方が成功するだろう。
  • 彼女は白馬に乗った王子様がいつか自分の元に訪れると信じてやまないが、それは按図索驥である。
  • 父は会社に対し文句ばかり言っているが、そんな按図索驥なことを言うくらいなら少しでも自分が納得する方向に動き出した方が効率的だ。
  • 彼女は過去を振り返り、あの時ああしておけば今頃はもっと幸せだったと言っていたが、そんな考えは按図索驥である。
  • 予算的に実現不可能な案を彼はどうどうと会議で発表したが、按図索驥だったのですぐに却下された。
  • 理想の生活を気持ちよく語るだけで、彼はすぐにそれは按図索驥だよと話の腰を折ってくる。