戒慎之鞀

用語の解説

四字熟語 戒慎之鞀
読み方 かいしんのとう
意味 ほんの少しの過ちでも改めること。周の武王が自分を諫(いさ)めたいとき臣下に振り鼓(つづみ)を鳴らすように言ったことから。「戒慎」は戒め慎むこと、過ちのないように用心して気を付けること。「鞀」は柄(え)のついた振り鼓。
英語表現
出典 「呂氏春秋(りょししゅんじゅう)」自知(じち)
類義語 敢諫之鼓(かんかのこ)
司直之人(しちょくのひと)
誹謗之木(ひぼうのき)