愛多憎生

用語の解説

四字熟語 愛多憎生
読み方 あいたぞうせい
意味 人から受ける恩や愛が甚だしいと、かえって人の妬みや憎しみを被ることになるということ。「愛多ければ憎しみ生ず(しょうず)と訓読する。
英語表現
出典 「亢倉子(こうそうし)」用道(ようどう)「恩甚だしければ即(すなわ)ち怨み生じ、愛多ければ則ち憎しみ至る」
類義語 愛多憎至(あいたぞうし)

例文

  • 彼は音楽家として一世を風靡した。世界中にファンができて、多くの愛をもらっていた。しかし愛多憎生により、一部の人からは批判にさらされている。