悪人正機/あくにんしょうき

四字熟語 悪人正機
読み方 あくにんしょうき
意味 悪人こそが極楽に往生しうるものであるということ。仏教で、阿弥陀仏の本願は、罪業の深い悪人を救うことにあるとする説。「歎異抄(たんにしょう)」三の「善人なおもちて往生をとぐ、いわんや悪人をや」という言葉で有名な、他力を本願とする浄土真宗の親鸞の思想。「正機」は、仏の説法を受けて、悟りを得る条件・資質を適切に備えていること。
英語表現 The evil persons have the unique opportunity to go to heaven The evil persons are the right object of Amida’s salvation
類義語 他力本願(たりきほんがん)
異国情調(いこくじょうちょう)

使い方/例文

例文

  • 悪人正機説は今を生きる多くの人々に影響を与えている考え方の一つだ。