塊然独処

用語の解説

四字熟語 塊然独処
読み方 かいぜんどくしょ
意味 独りじっと静かにいること。「塊」は土のかたまりの意味で、「塊然」は独りでじっと動かずにいるさま。「独処」は独りで静かにしていること。「荀子(じゅんし)」の、天子は見ようとしなくても見え、聞こうとしなくても聞こえ、考えようとしなくても分かり、動こうとしなくても功(いさお)が上がるので、独りじっと座っていても自然と天下の人々が服従して、あたかも一つの体のようである、とする天子の理想の姿を述べた一節にある語。「塊然(かいぜん)として独(ひと)り処(しょ)す」と訓読する。
英語表現
出典 「荀子(じゅんし)」君道(くんどう)