哀矜懲創

用語の解説

四字熟語 哀矜懲創
読み方 あいきょうちょうそう
意味 刑罰を与えるには、相手を思いやる情が必要であるということ。罰とは、その罪を悔い改めて人生に新たな道を開くためのもので、悲しみ哀れむ心をもって行うべきことをいう。「哀矜」は悲しみ哀れむこと。「懲創」はこらしめること。
英語表現
出典 蘇軾(そしょく)「省試(しょうし)、刑賞(けいしょう)は忠厚(ちゅうこう)の至りなりの論」

使い方/例文

  • あの上司に哀矜懲創というものをしっかりと理解させないといけない。