咳唾成珠

用語の解説

四字熟語 咳唾成珠
読み方 がいだせいしゅ
意味 権勢が盛んで一語一語が尊ばれること。また、詩文の才能が豊かで一語一語がすばらしいこと。せきや唾(つば)もみな珠玉になる意味から。「咳唾」はせきと唾。他人の言葉の敬称。「珠」は珠玉。一般に「咳唾(がいだ)珠(たま)を成(な)す」と訓読して用いる。「欬唾成珠」とも書く。
英語表現
出典 「後漢書(ごかんじょ)」趙壱伝(ちょういつでん)