倚閭之望/いりょのぼう

四字熟語 倚閭之望
読み方 いりょのぼう
意味 子供を思う親の愛情が切実なたとえ。特に母親の愛情のことをいう。
類義語 倚門之望(いもんのぼう)