倚門之望/いもんのぼう

四字熟語 倚門之望
読み方 いもんのぼう
意味 子供を思う親の愛情が切実なたとえ。特に母親の愛情のことをいう。門に寄りかかって子の帰りを望み待つ意味から。「倚」は寄りかかる意味。「望」は遠くを見やる意味。
類義語 倚門倚閭(いもんいりょ)
倚閭之望(いりょのぼう)
由来 中国戦国時代、王孫賈(おうそんか)の母親が、賈(か)が朝出かけて夕暮れに帰るのを家の門に寄りかかって待ち望み、夕暮れに出かけてから帰らないときには、村里の門に寄りかかって帰りを待ちわびた故事から。