以心伝心/いしんでんしん

四字熟語 以心伝心
読み方 いしんでんしん
意味 言葉や文字などを使わなくても、お互いの心と心で通じ合っていること。禅宗の語で、文字や言葉では表現されない仏法の神髄を、師から弟子の心へと伝えることを意味した。「心を以(もっ)て心に伝(つた)う」と訓読する。
類義語 教外別伝(きょうげべつでん)
拈華微笑(ねんげみしょう)
不言不語(ふげんふご)
不立文字(ふりつもんじ・ふりゅうもんじ)
維摩一黙(ゆいまいちもく)
英語表現 We can communicate with each other through our hearts and minds without using letters or words.
出典 「禅源諸詮集都序(ぜんげんしょせんしゅうとじょ)

使い方/例文

例文

  • 彼らは以心伝心の仲である。