于公高門/うこうこうもん

四字熟語 于公高門
読み方 うこうこうもん
意味 ひそかに善行を積み重ねた家の子孫は繁栄することのたとえ。「于公」は漢代の丞相(じょうしょう)となった于定国(うていこく)の父のこと。「于公(うこう)、門(もん)を高(たか)くす」と訓読する。「蒙求(もうぎゅう)」の表題の一つ。
英語表現
由来 中国漢の于定国の父は、裁判官として公平に裁判を処理して、人知れぬ善行を積んでいた。その村の門の修理のとき、村人に、ひそかに善行を積む家の子孫には出世する者が出て繁栄するであろうと言い、その門を高大に造らせたという故事から。
出典 「漢書(かんじょ)」于定国伝(うていこくでん)
類義語 陰徳陽報(いんとくようほう)