下衆の口に戸は立てられぬ

用語の解説

ことわざ 下衆の口に戸は立てられぬ
読み方 げすのくちにとはたてられぬ
意味 世間の噂が広まってしまうのは防ぐことはできず、仕方がないということ。口を閉ざす身分や生活レベルが低い下賤(げせん)の者とは、自分の見聞きして知った事というのを全く考えもせずに、どんなことでも簡単に言いふらしてしまうということ。下郎は口のさがないもの。下衆の口封じはできない。
英語表現
出典
類義語 人の口に戸は立てられぬ(ひとのくちにとはたてられぬ)
世間の口に戸は立てられぬ(せけんのくちにとはたてられぬ)
開いた口には戸はたたぬ(あいたくちにはとはたたぬ)