一顧傾城/いっこけいせい

四字熟語 一顧傾城
読み方 いっこけいせい
意味 絶世の美女のたとえ。美女が一度ちらりと流し目で見るだけで、町中の男達がその美貌に夢中になって町が滅びそうになり、君主がそれに溺(おぼ)れて政治を投げ出し、国を傾け滅ぼしてしまうという意味から。「一顧」はちらりと流し目で見る、ちらりと振り返る意味。「城」は町の意味。ここから転じて、江戸時代に遊女のことを「傾城」といった。もと、漢の李延年(りえんねん)が武帝に妹をすすめるために作った歌による。「一顧(いっこ)、城を傾く」と訓読する。
類義語 一顧傾国(いっこけいこく)
一笑千金(いっしょうせんきん)
傾国美女(けいこくびじょ)
傾城傾国(けいじょうけいこく)
太液芙蓉(たいえきのふよう)
天姿国色(てんしこくしょく)
傾国美女(けいこくのびじょ)
傾城傾国(けいせいけいこく)
英語表現 absolute beauty
出典 「漢書(かんじょ)」外戚伝(がいせきでん)・李夫人伝(りふじんでん)「一顧すれば人の城を傾け、再顧すれば人の国を傾く」