一陽来復/いちようらいふく

四字熟語 一陽来復
読み方 いちようらいふく
意味 冬が終わり春が来ること。新年がくること。また、悪い事が続いた後で、ようやくよい方向に向かうこと。もと易(えき)の語。影の気がきわまって陽の気にかえる意味から。陰暦十月は坤(こん)の卦(か)にあたり、十一月は復の卦にあたり、影ばかりの中に陽が戻って来たことになる。「復」は陰暦十一月、冬至のことをあらわす。
英語表現 winter solstice
出典 「易経(えききょう)」復(ふく)