一門数竈/いちもんすうそう

四字熟語 一門数竈
読み方 いちもんすうそう
意味 一家が同居しながらも生計を別々にして、まとまりのない状態をそしっていう言葉。一家にかまどがいくつもあることから。「一門」は一家。「数竈」は飯を炊くかまどがいくつかあること。もともと北方の魏が南方の江南地方の風習をそしった言葉。
英語表現 A term used to describe a family that lives together but has separate livelihoods and is not cohesive.