一酔千日/いっすいせんにち

四字熟語 一酔千日
読み方 いっすいせんにち
意味 非常に美味しい酒のたとえ。少し飲んで、ひと酔いしたくらいで、心地よくなってしまい千日も眠る意味から。
英語表現 Very good wine.
由来 劉玄石(りゅうげんせき)という者が酒屋で非常に強い「千日酒」という酒を求めた。酒屋はこの酒の限度を注意するのを忘れたと、千日たったころを見はからって玄石を訪ねたが、家の者は酔って眠った玄石を死んだものと思い込み、すでに葬っていた。そこで墓をあばいて棺(ひつぎ)を開けたところ、大きなあくびをして、ちょうど目をさましたという故事から。
出典 「博物志(はくぶつし)」