一言居士/いちげんこじ

四字熟語 一言居士
読み方 いちげんこじ
意味 何事においても、必ず自分から何か一言(ひとこと)伝えなければ気が済ない人のこと。「居士」は、もとは在家で仏教に帰依する男子の称で、自国では男子が亡くなった後、戒名の下につける称号のこと。ここでは「一言抉る(こじつける)」を人名になぞらえていったもの。「いちごんこじ」とも読む。
別表記 一言居士(いちごんこじ)
英語表現 A person who always has to say something to make me feel better about everything.