一觴一詠/いっしょういちえい

四字熟語 一觴一詠
読み方 いっしょういちえい
意味 酒を飲みながら詩を歌って、風流に楽しむこと。一杯(ひとさかずき)の酒を飲んで、一つの詩を歌うという意味から。「觴」はさかずき。「詠」は詩を歌うこと、詩を作ること。「一詠一觴(いちえいいっしょう)」ともいう。(曲水流觴(きょくすいりゅうしょう)」
類義語 一詠一觴(いちえいいっしょう)
英語表現 Drinking sake and singing poetry, enjoying the breeze
出典 王義之(おうぎし)、「蘭亭集序(らんていしゅうじょ)」