一蓮托生/いちれんたくしょう

四字熟語 一蓮托生
読み方 いちれんたくしょう
意味 事の善悪に関わらず仲間として行動や運命をともにすること。もと仏教語。よい行いをした者は極楽浄土に往生して、同じ蓮(はす)の花の上に身を託し生まれ変わることから。「托」はよりどころとする、身を寄せる意味から。「一蓮託生」とも書く。
英語表現 being in the same boat sharing one’s lot with another
別表記 一蓮託生(いちれんたくしょう)