一縷千鈞/いちるせんきん

四字熟語 一縷千鈞
読み方 いちるせんきん
意味 非常に危険なことのたとえ。細い一本の糸で千鈞もの重い物を支えつるす意味から。「一縷」は一本の糸。一般にはきわめてわずかなつながりなどのたとえ。「釣」は重さの単位で、一釣は中国周代で約七,七キログラム。
出典 「文選(もんぜん)」枚乗(ばいじょう)「書を上(たてまつ)りて呉王(ごおう)を諫(いさ)む」「一縷の任(にん)を以て、千鈞の重きを係(か)く」
類義語 一縷千金(いちるせんきん)
一触即発(いっしょくそくはつ)
一髪千鈞(いっぱつせんきん)
危機一髪(ききいっぱつ)
剣抜弩張(けんばつどちょう)
千鈞一髪(せんきんいっぱつ)
累卵之危(るいらんのき)