一目十行/いちもくじゅうぎょう

四字熟語 一目十行
読み方 いちもくじゅうぎょう
意味 書物や資料などの速読(速く読む力)の力が優れていることのたとえ。一度見ただけで、十行分をすぐに読むことができるという意味から。
類義語 十行倶下(じゅうぎょうぐか)
英語表現 Excellent ability to read books and other materials quickly.
由来 中国梁(りょう)の簡文帝(かんぶんてい)は、幼いころより理解力が人並み以上であって、読書の際に一度に十行ずつ読んだという故事から。
出典 「梁書(りょうしょ)」簡文帝紀(かんぶんていき)「読書十行倶(とも)に下る(読書の際に一度に十行を読む)」