一念発起/いちねんほっき

四字熟語 一念発起
読み方 いちねんほっき
意味 今までの考えを改めて、ある目的を成し遂げようと決意し、熱心に励むこと。仏教語で、「一念発起菩提心(いちねんほっきぼだいしん)」の略。ひたすら悟りを求める心を起こすこと。また、仏道に入り、一心に信心する心を起こすこと。「一念」はひたすら思い込むこと。また、ひとたび悟りを得るための志を起こすこと。「発起」は信仰の心を起こして出家すること。また、新しいことを計画すること。「一心発起(いっしんほっき)」とも言う。
類義語 一念発心(いちねんほっしん)
感奮興起(かんぷんこうき)
緊褌一番(きんこんいちばん)
一心発起(いっしんほっき)
英語表現 To change one’s way of thinking, to be determined to accomplish something, and to work diligently.
出典 「歎異抄(たんにしょう)