一字褒貶/いちじほうへん

四字熟語 一字褒貶
読み方 いちじほうへん
意味 一字の使い分けで人を褒めたり、けなしたりすること。孔子が筆削したという「春秋(しゅんじゅう)」の表現様式を評した語で、一字の使い方の中に人の行いの善悪を褒めたり、そしったりの意味を込めたとされる。「褒貶」は褒めることと、そしりおとしめること。
英語表現
出典 「文選(もんぜん)」杜預(どよ)「春秋左氏伝序(しゅんじゅうさしでんじょ)」
類義語 春秋筆法(しゅんじゅうのひっぽう)
微言大義(びげんたいぎ)
筆削褒貶(ひっさくほうへん)
皮裏陽秋(ひりのようしゅう)