一字不説/いちじふせつ

四字熟語 一字不説
読み方 いちじふせつ
意味 釈迦(しゃか)が悟り得た境地を説こうとしても、実相を説き尽くすことは不可能で、真理は一字も説けていないという意味。また、仏法の真理は非常に奥深く、言葉を通して得られるものでもなく、簡単な言葉では表現することはできないし、自ら体得することによってのみ、実際に悟ることができるということ。仏教語。「不説一字(ふせついちじ)」ともいう。
類義語 不立文字(ふりゅうもんじ)
不説一字(ふせついちじ)
英語表現 Not a word of truth in it.
出典 「楞伽経(りょうがきょう)」