一塵法界/いちじんほっかい

四字熟語 一塵法界
読み方 いちじんほっかい
意味 わずかな一つの塵(ちり)の中にも、全宇宙が含まれているということ。また、そのことを悟ること。仏教語。「塵」は「微塵(みじん)」のことで、非常に微細な物質。原子。「法界」は全宇宙のこと。
英語表現 Even in a tiny speck of dust, the entire universe is contained.
出典 「円悟録(えんごろく)」一「一塵は法界を含み、一念は十万に徧(あまね)し」