一唱三歎/いっしょうさんたん

四字熟語 一唱三歎
読み方 いっしょうさんたん
意味 すばらしい詩文を賞賛する語。詩詩を一度詠み上げる間で、何度も感嘆する意味から。「三」は何度もの意味。「歎」は感心して褒めあげること、感じ入ってため息をつくこと。もとは中国で、宗廟(そうびょう)の祭祀(さいし)で音楽を奏するとき、一人が唱(うた)えば三人がこれに和して唱ったことから言われた。
別表記 一倡三歎(いっしょうさんたん)
類義語 一読三嘆(いちどくさんたん)
英語表現 I admire your wonderful poetic writing.
出典 「礼記(らいき)」楽記(がくき)