一世木鐸/いっせいのぼくたく

四字熟語 一世木鐸
読み方 いっせいのぼくたく/いっせいぼくたく
意味 世の人々を教え導く人のたとえ。「一世」は世の中・世の人々の意味。「木鐸」は木の振り子がついている金属製の大鈴。古代中国で、法律や命令を人民にふれ歩く際にこれを振り鳴らした。転じて、世人を教え導く者のこと。
別表記 一世木鐸(いっせいぼくたく)
類義語 金口木舌(きんこうぼくせつ)
英語表現 A person who teaches and guides the people of the world
出典 「論語(ろんご)」八佾(はちいつ)